美容すると簡単に言ってもいくつになっても可能なのでしょうか?また美容は見た目以外にも体の中のことも指すことがあります。どこをどう美容していくかを考えて美しさを保ちましょう。

美容と年齢の関係

美容と年齢の関係と申しますのは、切っても切れない関係でもあります。

年齢が若い頃でありましたら、真皮層のエラスチンやコラーゲンも満タンですし、ハリのあるお肌状態で、どんなメイクもファッションも思うがままです。しかしそんな無邪気な肌でのほほんとしていられるのは、20歳を過ぎたあたりまでです。すでに25歳の壁が待ち受けていますので、その前後でお肌にはシワ等の悩みが出てきやすくなります。

いつまでも20歳までのスキンケアと、同じお手入れをしていては、若い肌を長くキープすることはできません。ヒアルロン酸もコラーゲンも年齢で少なくなりますし、そこに紫外線をバンバン受けてしまいますと、加齢にプラスアルファでお肌は老け込むことになります。

30代や40代になってから慌ててスキンケアをするのではなく、20代から正しい十分の保湿重視の、肌のお手入れをしておくべきでしょう。シンプルなローションとミルクのケアで肌がいいのは、20代の最初までです。そこからはもう、毛穴汚れを毎日丁寧に落として、化粧水を利用しての水分補給を、毎日しっかりとすることがキーになってきます。

トラネキサム酸はメラニンの生成を抑える効果があるので、シミが気になって来た場合はそちらも試してみましょう。

若い頃からのスキンケアを怠ったのであれば、それは気がついた時から始めなければなりません。いくつになっても日焼け止めクリームはマストアイテムですし、メイクをしたまま眠りについてしまうことは、ありえないことだと肝に銘じましょう。メイクは必ず落とすというのは、年代を問わずすることです。

特に30代や40代の大人世代のお肌には、相当水分量が足りない状態になりますので、ローションのケアは数回行い、美容液や美容クリームを活用しましょう。50代からは定期的な、皮膚科や高級エステもプラスしないと間に合いません。

◆いつまでも長くて丈夫なまつ毛が欲しい方はまつ毛育毛を!
ルミガン